本校は緊急地震速報受信装置
「Home Seismo ホームサイスモ」
を導入しています

 

所在地

〒359-1155
埼玉県所沢市
北野新町2-5-11

TEL: 04-2949-2411
FAX: 04-2938-1001

mail:
 
 

 

「連句」体験創作 2018.10.2

 3年生の選択古典で、連句の体験創作を実施しました。
「連句」とは、五・七・五の長句と七・七の短句を別々の人が交互に
付けながら完成させる、日本古来の伝統文学です。

今回は担任の先生を詠み込む「面影の付け」を条件に、半歌仙
(十八句)の完成を目指しました。なお発句(最初の句)は松尾芭蕉の
「秋深き隣は何をする人ぞ」を借用しました。

 三~四人の班に分かれて制作開始


 連句の面白さと難しさは「付け」と「転じ」にあるといわれます。
生徒たちも最初は戸惑っていましたが、次第に慣れてくると
連句独特の面白さにはまっていました。



 満尾(完成)したら半紙に清書し、水引で綴じれば
簡易版ながら懐紙式の完成です。
 

ビブリオバトル 2016.2.15

ビブリオバトルを開催しました。

1年生2クラスでビブリオバトルを開催しました。1日目に予選(6グループ)を行い、2日目の決勝でクラスのチャンプ本が決定しました。工夫を凝らした発表が続き、ディスカッションタイムでも多くの質疑がなされました。ビブリオバトルをきっかけに、多くの生徒が本に親しむことを期待しています。

今回のチャンプ本に選ばれた作品は、『三日間の幸福』(三秋縋著)と『ドアD』(山田悠介著)です。


「ビブリオバトル」については公式サイトがありますので、そちらをご覧ください。


ビブリオバトルの様子を簡単にご紹介します
自分のおすすめ本の紹介
 おすすめ本紹介

ぼろぼろになるまで読み込んだ本の紹介

  おすすめ本紹介2

熱心に耳を傾ける
 生徒の様子

次々と質問
 質問

自分が一番読みたいと思った本に手をあげる
 一番読みたい本

チャンプ本を紹介した生徒に司書さんから図書委員会手作りのしおりのプレゼント
 チャンプ本1

プレゼントしたしおり

 プレゼントのしおり


ャンプ本を紹介した生徒の挨拶

 チャンプ本2

図書館のビブリオバトル紹介コーナー
 図書館紹介コーナー